2020年6月21日3,446 View

フレブルによる『前足ちょいちょい』には、やっぱりもう、たまらんものがある。【動画】

今回は、クリームとパイドが一緒にまったりと過ごしている光景をご紹介するのですが、その時に見られる「欲求の仕草」がやっぱり改めて可愛いと感じさせられるのです。そう、それは皆さんご存知の「ちょいちょい」。あの仕草、可愛くないって思う人……多分いませんよね?

まったり中のフレブルたち

この家ではクリームとパイドの、2頭のフレブルが暮らしています。

 

オーナーであれば誰もが一度は夢見る多頭飼いですね。ああうらやましい。

 

すると早くも……ちょいっ。

 

クリームブヒが両方の前足を伸ばして、パイドの体にちょいちょいと攻撃を開始。

 

鹿の骨を貸して欲しいの

2頭はいつも仲良くしているようなのですが、この日はちょっと様子が違います。

実は今、パイドブヒが鹿の骨をカジカジしている真っ最中。

 

フレブルはとにかく食べものにがめつい…いや、食に対する情熱が素晴らしいので、もちろんクリームブヒも鹿の骨を狙っているのです。

 

(ジー…)

 

と言うことで、あの仕草を使って猛烈にアピール中。

 

短い前足を器用に使って「欲しいよぉ!」と連続で高速ちょいちょい。

 

この仕草は、見ている方ははなんとも和んでしまうものです。

きっと本犬は必死なのでしょうけれどね…。

 

一瞬、パイドブヒが…

そうこうしていると、パイドブヒが、クリームブヒの手を舐めるような光景が見られました。

 

(ペーロン)

 

これには先程まで懸命にちょいちょいアタックしていたクリームブヒもびっくり!

 

まさか、貸してくれる気になったのでしょうか?

 

そんなに甘くはない

舐められたことで少し動揺してしまいますが、別に貸してくれるわけでもなかったようで…結局その後もちょいちょいは続行されるのでした。

 

「今は自分が楽しむ時間だよ。邪魔しないでね」と言うことだったのか…?

 

さすがフレブル、食に勝るものはない。

 

諦めたと見せかけて…!

そして少し時が経ち、今度は離れた場所からじっと見つめるクリームブヒ。

 

(じっっとり)

 

当然のように、まだまだ骨を狙っています。

 

だって、諦めが悪い…いや執念? いや単にしつこいだけか?

 

とにかくそれが、フレブルですからね。

 

欲求と行動が素直すぎる、とってもかわいいフレブルでした!

 

他の犬種でも「ちょいちょい」は見られるものですが、フレブルがやるとその前足の短さでよりファニー感マシマシで愛おしく見えるのですよね。

 

と言うことで、彼らのちょいちょいはやっぱり、改めて尊いものだと感じちゃいました。

 

皆さんも、この仕草大好物ですよね?

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

おや、フレブルが話しかけてきましたぞ。犬が「ちょいちょい」してくる気持ちって?

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧