2021年2月8日4,939 View

飼い主さんが忙しくて構ってくれない…気づいたら目に涙が浮かんでウルウルしていたフレブル。マジ?マジなの…?【動画】

今回は、フレブルお得意の『わかりやすさ』を放ちまくった瞬間をご紹介。遊んでくれなくてまさかの『涙ウルウル』なシーンから、ずっとできなかった『お手』の成功に猛烈なドヤを放ったパピーまで、可愛いったらもう。しかしやっぱり、改めてフレブル人間説が濃厚に…。

ときには涙しちゃう…ってマジか

フレブルタプさんは「表情豊かにもほどがある!」と言いたくなってしまうとってもわかりやすい子。

 

この日はパパとロープで引っ張りっこをしていたのですが、太めのロープだったため、パパさんの腕が限界に。

 

遊び続けられなくなり、「ママに遊んでもらおう」と考えたタプ。

しかしママは、別の部屋に入ったきり出てきません。

 

しかもその時間、なんと数十分…。

 

その時のタプさんのお顔を見ると…

 

完全に潤んでいるぞ…。

 

犬は泣かないはずなのですが、このかなしい状況で瞳がウルウルしていたら。

 

きっとママさんは「ロープ遊び一択」しか選択肢はないでしょう。

 

もはや人間の子どもまんまな光景を見せたタプさんでした。

 

って、これが作戦だったとしたらかなりの役者だが…。

 

お手が成功して、ドヤ。

こちらはフレブル・ゆきちゃんです。

 

撮影当時は生後4ヶ月にも満たず、体もまだまだ華奢なもの。

 

いよいよ「お手」「おかわり」といったコマンドの練習をするのですが、「お手」もなかなかできるようにならなかったそう。

 

しかしあるときを境に大成功!

 

その時のゆきちゃんの最高のドヤ顔ときたら!

 

シャキーン!

なんて聞こえてきそうな!

 

もはや渾身のドヤ顔と言えそうなお顔を見せてくれました。

 

…ってなんだか本当に人間の子どもにしか見えなくなってきましたが、ゆきちゃんもまた、フレブルの着ぐるみを着た人の子だったかな…?

 

またまたやってくれていましたね、フレブルたち。

 

まったく、君たちのそういうところがもう本当に最高にめちゃくちゃ…大好きだ!

 

しかし犬は感情に左右されて泣くことは無いと一般的には言われいますので、あまりに涙が多い場合はチェックしてあげてくださいね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(ジトー)構って欲しいから、わざと飼い主の邪魔をしちゃうフレブル。素直で可愛いすぎて、むしろ構いたいんですけど。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧