2022年4月13日1,629 View

(スンスン…)もしフレブルがバリスタになったら…の妄想を叶えた動画、違和感のなさが通常運転すぎた

今回は、フレブルのお仕事動画をご紹介。そう、彼らは人間っぽさを語らせたら右に出るものなどいないほどヒト感溢れる犬。そんなフレブルが今回なりきったのはバリスタ、しかもかなりツウな雰囲気の。是非見てください、その真面目な仕事ぶりを。

まずは、エプロンから。

早速ですが、今回のなりきり動画をご紹介してまいります。

 

飲食店のスタッフとして、まず大事なのはコレ。

 

(スッ)

 

可愛らしいおててを伸ばし、某シアトル系コーヒーチェーン店を彷彿とさせるロゴのオリジナルエプロンを装着。

 

からのこの顔。

 

完全にやる気に満ち溢れておられます。

 

もう美味しいコーヒーが出来上がる気しかしません。

 

早速、作業スタート!

その後はいよいよ、肝心のコーヒー豆を…うまく扱えずボロボロとこぼしています。

 

しかしきっと想定内なのでしょう。

フレブルは一ミリも動じません。

 

そして豆が挽かれ、すぐさま香りのチェック。

 

そう、ここが見どころ。

 

なんとも玄人感溢れるお顔でスンスン…と香りのチェックをしているのです。

 

いやこんな人いるよね、絶対。

 

昭和レトロな喫茶店とか、一杯へのこだわりが強いお店のマスターって感じ。

 

フレブルのお顔のシワが、こんなところで一役買っているのでした。

 

なんだかんだ可愛い

そしてその後、マシンにコーヒー豆を設置するとき。

 

コーヒー色とも言えそうな可愛らしい毛色のおててのアップに。

 

そして、挽かれた豆を器具でプッシュしながらマシンへ運び…というところまでは良かったのですが、ここで問題勃発。

 

フレブルの体型では、カップがうまくマシンに設置できないよう。

 

(スッ…)

 

ということで、とった策がこちら。

 

真面目なお顔のままテーブルの上にゴロンです。

 

がっつり横たわりながらカップを設置するのでした。

 

これをお店で本当にやっていると思ったら…目撃したら確実にニヤけてしまうでしょう。

 

作業は淡々と進む

そしていよいよマシンを動かします。

 

スイッチに指を添えて…

 

(ポチッ)

 

なんとも上手にスイッチオン。

 

そしてコーヒーがカップに注がれると、次に取り出したものはコレ。

 

(コポポポ…)

 

どうやらコーヒーはラテだったようです。

 

しかもホイップのトッピングまで。

 

なんと、さらにシュガークラフトまで!

 

期間限定のメニューなのでしょうね。

それをなんとお箸で上手に乗せます。

 

あのおててでお箸まで使えるのだなんて、とんでもない人間力ですよね。

 

あ、ここでいう人間力は『人間っぽさ』っていう意味です念の為。

 

そして…

 

「ハイお待たせ」。

 

ついにコーヒーが出来上がるのでした…って、おいおい!

めっちゃ味見したっしょ!

 

口にホイップがついているところまで込みで、『フレブルがバリスタになったら』のストーリーは一部始終として完結するのでした。

 

しかし何でこんなにも違和感がないのか、不思議な世界にどうぞいってらっしゃいませ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Stitch ⭐️(@stitchthestardog)がシェアした投稿

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「ピザのおとどけですが…」フレブルが様々な職業にチャレンジした結果、初々しくて可愛かった。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧