2017年1月11日1,783 View

【チェリーアイ】フレンチブルドッグがかかりやすい目の病気〜愛ブヒの目が赤くなっていませんか?〜

「さくらんぼの目?」名前はとっても可愛いのですが、チェリーアイはフレンチブルドッグにも好発する目の疾患。まるでさくらんぼが目についているように見えることからこの名前がついています。

愛ブヒにも突然発症する可能性のあるチェリーアイ。今回はチェリーアイについてお話ししましょう。

この記事のタイトルとURLをコピー

チェリーアイ

Stieber/shutterstock

病気のサイン

突然目に赤い膜が張っている、目のふちに何か出来ている

 

症状

涙が多かったり、結膜炎、ときに痛みを生じることもあります。放っておくと、目全体に炎症が起き、腫れてしまうことも。

 

もともと、人の眼瞼(がんけん=まぶた)は、上眼瞼(じょうがんけん)と下眼瞼(かがんけん)の2枚です。

 

しかし、犬や猫はもうひとつ、目の内側から出てくる膜状の第三眼瞼 があります。

 

ねむーい愛ブヒの目を見てみると、内側からこの第三眼瞼が少し出ているのが見えると思います。

 

この第三眼瞼が何かしらの理由で眼瞼から飛び出して赤く腫れあがると、この状態が目にさくらんぼ(チェリー)をつけているように見えるので、チェリーアイと呼ばれています。

 

原因

第三眼瞼は、通常、周囲の組織にくっついているのですが、遺伝的にそれが欠損している場合などに発症する事が多いと言われています。

 

また、結膜炎やブドウ膜炎など、目の炎症の結果起こることもあります。

 

好発犬種

フレンチブルドッグ、コッカー、ビーグル、ペキニーズ、ボストンテリア、バセットハウンド、シーズなど

 

治療法

突出してすぐであれば、点眼麻酔をして、ひっくり返った第三眼瞼をピンセットで戻すことができます。

 

しかし、時間がたって内部の軟骨が変形すると、手術で整復しないと難しいです。

 

また、たびたび繰り返す子も角膜を傷つける可能性があるので手術の適応です。

 

手術をするまでの間は、目の炎症を抑える点眼薬などを使用します。

 

予防

とにかく目の異常を発見したらすぐに病院に連れて行くことが重要です。

チェリーアイは、様子を見ていてもなかなか治るものではありません。

 

治療費

(再)診察料:1,000〜2,000円

点眼麻酔にて整復:2,000〜

麻酔下にて整復手術 :30,000〜

 

※症状や病院によって相場は異なります。あくまでも参考金額です。

しま先生

獣医師:堀江志麻先生

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事