フレブルの横田愛子について

「横田愛子」に関する記事一覧

  • 【良い犬って一体何?】意味のない誰かの尺度よりあなたの何か。愛を受けてなお輝くフレブルの命は、みんな平等に尊いもの

    ボクらは鏡なんて見ないし、たとえ見たとしたってそこに写っている姿がボクらの全部で、耳が寝ていようがアイラインが薄かろうが、そんなこと気にしちゃいない。それよりも、愛されるために生まれてきたことに全幅の信頼を寄せていて、この家に来てその愛を一身に受けることに最大の喜びを感じているんだ。だからどうか、ボクらが吐く最期のひと息まで、どうかどうか見守っていて。ボクらを作ったのは人間だから、ボクらは生まれたその瞬間から人間って生き物を信頼している。その思い、受け止めてくれるんでしょ?  だからこうしてここにいる…そんな本音に、耳を傾けて。

    2021年02月24日
    837 View
  • 新型コロナウイルスはフレブルにどう影響する?ペット関連の情報を最新にアップデートしておこう【もしもの時の為に】

    新型コロナウイルスの脅威に世界が震撼してはや1年。この冬爆発的に感染者が増加した日本でも、この頃になってようやく毎日の感染者数が減り始めましたね。ただ、減ったといえどもその数はまだ多く、いつ・どこで・誰が感染してもおかしくない状況にあります。当初は新型コロナウイルスがペットに感染するかどうかで真偽の怪しい様々な情報が駆け巡っていましたが、ここにきてようやく情報の正確性や各国の獣医師会が発表した情報が集約されてきた感があります。そこで改めて、『フレンチブルドッグと新型コロナ』についておさらいしておきましょう。

    2021年02月21日
    720 View
  • 【スタンダードは年齢で変わる】成長に合わせたアイテム選びで愛ブヒの定番をアップデートして! [特集:ミドルシニアLIFE]

    赤ちゃんのファーストドレスではないけれど、我らがフレンチブルドッグもパピーの頃から洋服に親しんだ子が大多数かと思います。実際にフレブルのファッショニスタぶりは皆さんご存知の通りで、何を着てもサマになるのはお見事としか言いようがありません。しかし、フレブルも私たち同様に加齢と共に肌質や代謝機能に変化が起き、今までのお洋服で痒みを覚えたりすることも。同時にずっしりとしたカラーやハーネスが負担になってくるなど、「身に着けるもの」も年齢に合わせることがとても大切。だからミドルシニアを迎えたら、愛ブヒのためのスタンダードを見直す必要があるんです!

    2021年01月30日
    1,339 View
  • 思い悩むことなかれ!『育ブヒノイローゼ』は通る道。必ず大人になるから、二度と戻らないパピー期を大切に、楽しんで!

    愛ブヒとお出かけや散歩をしていると、まだパピーのフレブルを連れたオーナーさんに出会うことが増えました。それだけフレブル人気の高まりを実感するのですが、そんな多くのパピーオーナーさんと話しているとほぼ100%聞かれるのが「一体、いつになったら落ち着くんでしょうか」というギモン。うんうんわかるっ、わかりますともその気持ち! 実は筆者も愛ブヒを迎えた当初は育児ならぬ育ブヒノイローゼになりかけたひとりですもの。だから声を大にして言いますよ。「ちゃーんと大人になるから大丈夫ですよ」と。

    2021年01月23日
    2,446 View
  • 【超大事!コレはおさえて!】冬こそ積極的に水分補給を。“脱水”から起こる様々な病気からフレブルをまもろう!

    ぐぬぬ、寒い。年明けにやってきたこの寒波の影響で日本列島を冷た~い風が吹き抜けているけれど、きっと我らがフレブルは暖かな部屋でストーブの番やこたつの管理人役に徹していることでしょう。そんなポカポカグッズを独占する彼らに忍び寄る冬の病魔、実は結構あるんです。特に空気が乾燥する冬は無意識に水分が不足しがちになるため、水分不足によって起きる病気が多いシーズン。そこで今回は冬の水分補給がどれだけ大事かを解説しちゃいますよ~。

    2021年01月16日
    927 View
  • 【コロナ禍でのニューノーマル】新しい1年もキミと一緒に笑うため。『RE・フレンチブルドッグライフ』を考える

    2021年、1月。また新しい年が始まりましたね。きっと皆様も愛ブヒと素敵極まりないお正月をお過ごしだったかと思います。去年は我々人類にとって未知のウイルス、新型コロナに翻弄された1年でした。その影響でガラリとライフスタイルが変わった人もいて、結果愛ブヒとの距離感や関係に変化があったというオーナーさんも少なくないかもしれません。そして始まったこの1年もまだ新型コロナの猛威は強力で、以前のように再びマスクなしの生活が楽しめる日はまだ先のよう。でも、だからこそ今再び、新たな気持ちで見直してみませんか? そう、フレンチブルドッグとの“ライフ”を。

    2021年01月10日
    944 View
  • 【症状は突然やってくる】ミドル期から知識として蓄えておきたいシニアへの準備。備えあれば憂いナシ![特集:ミドルシニアLIFE]

    まだまだ体力・気力ともに満点で充実した日々を過ごしているミドルシニアブヒのみなさ~ん、シニア期のことって考えていますか? 「いやいや、まだそんな歳じゃないから大丈夫よ」なんて思っているかもしれませんが、実際にシニアブヒと暮らす先輩フレブルオーナーさんいわく「症状は突然やってくる」そう。以前は短命だと言われたフレンチブルドッグも嬉しいことにここ数年で寿命を伸ばし、それに伴いシニア期特有のサポートが必要になる子が増えています。犬も長生きする時代だからこそ、来るべきシニア期に備えて知識を蓄えておきましょう。

    2021年01月07日
    1,607 View
  • 【この時期“ケンネルコフ”に注意!】簡単にできる東洋医学をプラスして 、寒い冬でも愛ブヒを風邪知らずのカラダに!

    寒い寒~いんですけども。まあ季節は冬ですからそりゃ寒くって当たり前。でも今年は気温差が激しかったからか、ポカポカの秋からいきなり真冬に突入したような。そんな時に気をつけたいのが風邪ですが、当然フレンチブルドッグらワンコも風邪をひきます。犬の風邪と聞くと代表的なのが「ケンネルコフ」ですが、病院の先生曰く『犬の風邪全般をケンネルコフと呼ぶ』のだそう。ケンネルコフ…つまり風邪はワクチンを摂取していてもかかってしまうことがあるようですが、東洋医学にも造詣が深いその先生に冬の風邪予防対策を聞いてきましたよ~。

    2021年01月03日
    1,653 View
  • 【“年始の参拝”はどうする?】意外にもペットフレンドリーな『古都』で、愛ブヒとの参拝をオススメする理由

    今年もいよいよ終わりを迎えようとしています。毎年「一年って本当にあっという間だなあ」なんて思うものですが、年々その思いは強くなっていくようです。ということは、1日の大事さを改めて考えなければなりませんね。と言う事で今回は、新年の参拝の参考になるよう『古都』についてご紹介。コロナ禍だからと悩んでいる方も多いと思いますが、あっという間にホリデーは終わってしまいます。実は、関西屈指の観光スポット、古都で知られる京都や奈良って意外にも(!?)ワンコに優しい地域だって知っていますか?

    2020年12月30日
    1,260 View
  • 【実は“与えられる側”かも】気付かぬうちに愛ブヒがくれたもの。それは数えきれない、かけがえのない『繋がり』。

    フレンチブルドッグをひとことで言うならば、う~ん「クセ、強っ!」な犬種だってこと。それは中身だけでなく外見にも顕著にあらわれていて、どっしりとした体躯や一見強面なのに溢れ出るチャーミングさだとか、おとぼけ感とか、そりゃもう1度見ると忘れられないインパクトに満ち満ちているのです。そしてそんな相棒と日々を過ごすことで、実はオーナー側にも様々な変化が起きているって、気付いていましたか?

    2020年12月26日
    1,722 View
  • フレブルという“運命の贈り物”を授かったあなたへ。この冬『愛』というギフトを待つブヒのサンタになってみませんか?

    愛ブヒと散歩をしていると犬好きと思われる人に色々と声をかけられるのですが、中でもうれしいのが「エエ飼い主さんに飼うてもろて、アンタはほんまに幸せもんやなあ」とブヒに向かって言ってくださる方。その言葉をかけられる度に、「そうだ、この子たちの幸せを左右するのは自分自身なんだ」と改めて気づかされ、何だか背筋がスッと伸びる気がするのです。彼らは私たちにとって“特別な贈り物”。それもきっと、神様とかサンタさんとか、そういう目に見えないけれどもどこかに居るような気がする存在からの。

    2020年12月22日
    1,408 View
  • 【愛ブヒのストレス軽減に】フレブルにも効果アリ。『音楽鑑賞』で互いのヒーリングタイムを過ごしてみては?

    何かといえばついネットで「ポチッ」とお買い物をしてしまう筆者ですが、先日いつものようにショッピングサイトを覗いていると愛犬のためのヒーリング音楽といったCDを発見。え、愛犬に音楽、しかもヒーリング? と気になって犬と音楽の関係を色々と調べてみると、なんと犬も音楽によってリラックス効果があるいう研究結果が。それも留守番中の不安を和らげたり興奮を落ち着かせるなど、甘えん坊&興奮しやすいフレンチブルドッグにはとても良さそう! 折しも今はコロナ禍真っ只中でステイホームを求められる期間中ゆえ、自宅で愛ブヒと音楽鑑賞を楽しむなんてかなり素敵なおうち時間なのではないでしょうか。

    2020年12月20日
    1,199 View
  • 【一緒の時間が長いほど引き金に】テレワークや年末年始は特に注意。フレブルにも多い『胃腸炎』に気をつけて!

    フレブル仲間の間でよく耳にする病気に「胃腸炎」があり、しょっちゅう胃腸炎を起こし頻繁に病院へ通っているというブヒも少なくありません。胃腸炎は胃や腸の粘膜に炎症が起きて嘔吐や下痢を起こす症状ですが、実は年末年始やコロナ禍でステイホームしている期間が長い時に増えるって知っていました? 年末年始目前のこれからの時期に起きやすい病気なだけに、まずはオーナーが胃腸炎について知っておきましょう。

    2020年12月16日
    1,497 View
  • 【そろそろ準備を!】年の瀬ならではの『ヒヤリ…』『ハッ!』を回避するために…愛するフレブルを守る術を復習して!

    1年が経つスピードの速さには驚きますが、今年も12月がやってきました。12月といえば師走。師(僧侶)も走り回るほど忙しいなんて言われるだけに、なにかと慌ただしい季節です。クリスマスやお正月の準備に仕事納めなどでバタバタしがちだけれど、毎日がホリデーなフレンチブルドッグにとっては「師走? 何それ美味しいの?」ぐらいの感じでしょうか。そんな彼らが快適かつ安全に年末年始を過ごすためにも、年の瀬に起こりがちな危険を回避する準備が必要なのですぞ。

    2020年12月12日
    1,400 View
  • 【ミドルシニアは旅適齢期】心もカラダも熟すこの時期の旅は“ならでは”の魅力が満載! [特集:ミドルシニアLIFE]

    カサカサと鳴る落ち葉を踏み締めるシーズンが到来し、これから春先までは熱中症の心配が少なくなることもありフレンチブルドッグとのお出かけがグンと楽しくなる季節。そうなると「愛ブヒと一緒にどこかへ行こうかな?」なんて考える人も多いことでしょう。そういえば、ミドルシニア年齢のフレブルって、ともに旅するには最高のパートナーだとご存知でしたか? 

    2020年11月28日
    1,351 View
  • 『ウチの子になって幸せ?』単純にして奥深く、愛ブヒから永遠に答えを聞けない…でも“究極の答え”はココにある

    オモチャで遊んだりブーブーといびきを響かせ眠っている愛ブヒを見るにつけ、フレブルオーナーなら一度は考えたことがあるであろう疑問がポコポコと湧き上がります。それは、「ねえ、ウチの子になって、君は幸せかい?」という、単純にして奥深く、ヒトの言葉を話せないフレンチブルドッグの口からは永遠にその答えを聞くことができないハテナ。でもね、気づいてしまったのです。その答えってさ、いつだって自分の中にあるってことを。

    2020年11月25日
    1,722 View
  • 【強奪には理由あり! 】フレブルが“毛布”を溺愛するワケ…知れば結局、また愛してしまうのです。

    北風がピューッと吹き付け始めるこの時期、気づけば愛ブヒに毛布や膝掛けといった「モフモフ素材のもの」を奪われてはいませんか? 例えばちょっとトイレに立った隙やコーヒーを淹れに行った合間をついて、彼らはまんまとさっきまで私たちの膝を暖めていたブランケットを我がものにしています。そんな『モフモフ泥棒ブヒ』は少なくないようですが、これにはちょっとかわいい理由があったのです。

    2020年11月20日
    2,138 View
  • フレブルにも生き甲斐は必要! 日常に“オシゴト”を作り、目指すはイキイキ健康長寿![特集:ミドルシニアLIFE]

    「ふぁ~あ、今日もゴロゴロしてたら1日が終わったわい」なんて大あくびをして再びゴロゴロを再開する。いえいえ、アナタのことではありませんよ。でもミドルシニア年齢になった愛ブヒの生活を見ていると、なんだかそんな日が増えたようには思いませんか? まあ、犬だし。もう、中年だし。なんて思いがちだけれど、実は「自分の役割やオシゴト」を持っている犬というのはイキイキと長生きできるらしいのです。

     

    2020年11月10日
    2,446 View
  • フレブルらしさ溢れる『サヨナラの流儀』で、最期の旅立ちを。今までもこれからも、傍には変わらず君がいるから。

    愛しいまあるいかたまり。気づけば毛に白いものが混じり始めて、その瞳は白濁が進み、全盛期と比べたらちょっと体重が落ちたかも。病と対峙し激闘した末、最後の一滴まで力を振り絞って果敢に立ち向かったその勇姿を、私たちはいつまでもずっとずっと覚えているだろう。さて、いつかはやって来るサヨナラの日は、私たちオーナーにとっては悲しくて辛い日。でも『今』を存分に生きるフレンチブルドッグにとってはまた違う『旅立ち』なんだと思うのです。

     

    2020年10月31日
    2,467 View
  • 真面目に、フレンチブルドッグのために。 世界のフレブルニュースを紐解き、彼らを守るべき一歩としての“知識”を!

    フレンチブルドッグの人気は日本だけのものではなく、世界中にファンがいる愛され犬種。もともとフレブルの故郷フランスでは、以前から人気犬種の上位に君臨していたけれど、世界がその愛らしさに気づいたのか、とにかく各国でも引く手数多な存在なのです。これはフレブル愛に満ち満ちた私たちフレブルオーナーにとっては嬉しい話題だけれど、一方で、以前当サイトでも記事にした無理な繁殖”※が行われているのもまた、目をそらしてはいけない現実。でも、ペット先進国のひとつであるオランダではフレンチブルドッグを含む鼻ぺちゃ族、つまり短頭種の繁殖について、今年の初夏に彼らを守るための法律が制定されたのです。その内容を知り、“意識するための一歩”を進めてみませんか?

    【大切なこと】近年若くして旅立つフレブルが増えている現実と向き合う〜交配や体格について〜

    2020年10月24日
    2,114 View

Pick Up!